写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.10.15[Fri]  投稿者:-  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/676-a70ff8cb
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

矢櫃の森のマザーツリー

マザーツリー
EOS1Ds Mark III EF17-40mmF4L 2008.10.11

どの山にも森にも川にも、神様のような象徴的なものが存在する。岩であったり木であったり滝そのものであったりする。この木にはとりわけ僕は思い入れが深い。ネイティブアメリカンのように言えばマザーツリーかなあ?

この木は「神成りの木」という。僕が勝手に名付けた。かみなり=雷が落ちたと思われる木だったからだ。神様がお成りになったのである、と勝手に僕は言い始めた。(実際、雷を神成りと言う言い方は地方に存在する。)

この木との出会いで僕は、NaturePhotoを撮ることに対してある種の確信を持ったような気がする。文句なしに人の心を揺り動かすものが大自然のなかにあるということ。それをさがし歩くのも悪くはないと。

 この森に入ると僕はとりあえず拝みに行く。最初に出会ったのは2003年でそれから5年たったことになる。写真集「南八甲田の森をゆく」に掲載してあるが、その時とはずいぶんと変わってきた。当時はもっと激しさがあって雷がおちた直後のような姿だった。その後、時間がたって枯れて朽ちていくのだろうと思っていたが、そうではなくて丸みを帯びてしなやかになりむしろ威厳を増したように見える。あいかわらず元気そうでなによりです。5年前と同じように、ザックをおろして、絨毯のようなブナの枯れ葉の上にねまり(座り)、一献かたむけたのです。

この木よりも僕が朽ちる方が早そうだな(笑)。
2008.10.30[Thu] Post 11:19  コメント:1  TB:0  巨木・奇木・古木  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.10.15[Fri]  投稿者:-  編集  Top▲

TRACKBACK

矢櫃の森のマザーツリー のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/676-a70ff8cb
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。