写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

大湯環状列石の近くに黒又山(クロマンタ)という信仰の山があるそうです。つい、一ヶ月前ぐらい前に知ったのですがなかなか興味深い山で一度行ってみようとおもっています。


2008.12.15[Mon]  投稿者:マサヒロ  編集  Top▲

No Subject

まさひろさん
それはピラミッド伝説で有名なの四角錐の山だよね。
いろいろ面白そうな伝説があるから堪能してきて下さい。
2008.12.16[Tue]  投稿者:nishi@M  編集  Top▲

ピラミッド

黒又山(クロマンタ)!
おもしろいねえ。戸来(へらい)岳と十和利山にピラミッド伝説があるのは知っていたけど、黒又山(クロマンタ)もそうだとするとここはここにはピラミッドが三つあるわけですね。

 しかも黒又山(クロマンタ)山頂にある「巨石神殿跡」!というのはどうやら荒ハバキのような気がします。ぜひ行ってみてください。
2008.12.18[Thu]  投稿者:wak  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/697-e35ccbeb
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

原生の自然を撮り続ける意味

 1月5日からはじまるカレンダー展覧会のテーマが「原生の鼓動」ですので、原生の自然を撮り続ける意味について考えてみます。


1, **縄文文化と東北の自然**

縄文文化の奥深さとは、自然と人間の共存性の高さにあると思う。精神性が高い。芸術性も高い。効率主義ではない。4000年も経っているのに、動植物の種の断絶というのが東北ではほとんどみられない。それだけ自然を大事にしていたということ。
 青森の三内丸山遺跡などを見ると、縄文文化に対する今までの認識がまるでまちがっていたということがわかる(三内丸山遺跡は八甲田山から続く緩やかな丘陵の先端にある。)。縄文とは弥生文化以前の古い遅れた原始的な文化などではなくてより精神性も文化性も高い豊かで優れた文化であった。自然をとりつくし開発しつくすということがなくて持続可能な共存社会ー自然が何百年も続いていたのである。(それがいまだにマタギ等によって伝承されているとすれば何千年である)。これは世界的に希有なことで、人間によって多くの種が断絶されたヨーロッパなどとはちがう部分だと思う。縄文人が世界に誇れる部分というのはここだと思う。遺跡のりっぱさではない。そもそも木造建築が主である日本は遺跡が残りにくいのだ。
発掘された動物の骨に子供のものがないという。果実などもとりつくすようなことはなくてクリの栽培なども行われていた。魚類ではマダイ・ブリ・サバ・ヒラメ・ニシン・サメ類などが多く、フグも食べられていた。発酵酒なども作られていた。紀元前2000年以前の話である。
 その縄文の高い精神性というのは、東北において弥生時代以降もずっと続いていたのである。ならされて開発が進みおかしくなってきたのはついこの100年ぐらいのことではないかと思う。東北のニホンオオカミは明治、田沢湖のクニマスは戦中、白神のカワウソは戦後、八甲田のクマゲラは1980年以後に絶滅したと言われる。ナラ・ブナ林の豊かな自然があって、利潤追求に走らない精神性豊かな縄文人たちがいた。冷害に苦しみ毎年何千人もの餓死者を出すような悲惨な東北になったのは中央政府によって稲作を全面的に強制されて以降のことである。稲作はもともと南の気候のものだ。中央税制の基本が田んぼであったために稲作にそぐわない気候の東北は多大な犠牲を払ったのである。

大湯環状列石(ストーンサークル)は、十和田湖の南にある。これも縄文の遺跡である。高い精神性がなければこのようなものは作れないだろう。なんのために作られたかはわからないが効率主義とは無縁のものだ。ヒスイ、黒曜石、琥珀なども高い技術によって加工されたものが出土している。
ストーンサークル

ストーンサークル

ストーンサークル



2008.12.15[Mon] Post 14:44  コメント:3  TB:0  環境問題  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

大湯環状列石の近くに黒又山(クロマンタ)という信仰の山があるそうです。つい、一ヶ月前ぐらい前に知ったのですがなかなか興味深い山で一度行ってみようとおもっています。


2008.12.15[Mon]  投稿者:マサヒロ  編集  Top▲

No Subject

まさひろさん
それはピラミッド伝説で有名なの四角錐の山だよね。
いろいろ面白そうな伝説があるから堪能してきて下さい。
2008.12.16[Tue]  投稿者:nishi@M  編集  Top▲

ピラミッド

黒又山(クロマンタ)!
おもしろいねえ。戸来(へらい)岳と十和利山にピラミッド伝説があるのは知っていたけど、黒又山(クロマンタ)もそうだとするとここはここにはピラミッドが三つあるわけですね。

 しかも黒又山(クロマンタ)山頂にある「巨石神殿跡」!というのはどうやら荒ハバキのような気がします。ぜひ行ってみてください。
2008.12.18[Thu]  投稿者:wak  編集  Top▲

TRACKBACK

原生の自然を撮り続ける意味 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/697-e35ccbeb
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。