FC2ブログ

写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

全タイトルを表示

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

カレンダー作品_1_表紙

ブナ林
 EOS1Ds Mark III


1月5日から始まるキャノンカレンダー作品展に展示する写真を今日からいくつかピックアップして紹介していきます。

 新緑期の萌葱色が柔らかい光の中でそよぐ風景こそ、あたかも八甲田という胎内にいるかのようなやさしさを感じさせてくれるブナの森の最高のシーンなのですが、これがやっぱりなかなか撮れなかった。ブナの森は八甲田にはいくらでもどこにでもあるけれど、どれも何かが足りなくて何かが多すぎる。さんざん歩きました。まったく贅沢な時間でしたね。

 **この萌葱色は、狭い色域のWebカラーでは出ませんね。ぜひギャラリーでプリントをご覧になってください。
ブナ林


2008.12.24[Wed] Post 19:40  コメント:2  TB:0  ブナ林  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

残念。ギャラリーでプリントと言われても・・・行げねじゃ。

春まだ浅いこの瞬間が好きだな。  「あたかも八甲田という胎内」 言いえて妙。









2008.12.25[Thu]  投稿者:マサヒロ  編集  Top▲

>マサヒロくん

展覧会の全国巡回が終わったら、パネルが全部自由に使えるので、青森で展覧会できないかどうか交渉してみようと思ってます。十和田現代美術館でできればいいけど。品川展のパネルも使えるのでできれば最高なんですけど。青森以外でもやってほしいという声がかかれば検討します。
2008.12.26[Fri]  投稿者:wak  編集  Top▲

TRACKBACK

カレンダー作品_1_表紙 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/702-153a2fef
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲