写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

マイルスがライブハウスを出た路上で白人の警官に警棒で殴られ頭から血を流し白いスーツが血で染っている写真を思い出しました。

2009.03.19[Thu]  投稿者:マサヒロ  編集  Top▲

No Subject

それ系の音楽やってる人に「黒いねぇ」は褒め言葉。
余りにもタイムリーだったので書き足しておきます。
先日、私の友人と飲んだ時の話なんだが、彼はマレーシア人で唯一カンヌに招待されている映画監督。14年NY在住の後帰国。アメリカは嫌いだが黒系音楽(いわゆるBlack Music)が大好きでレコードを14000枚、CDを3000枚くらい持ってるつわものなんだけど,同じように「黒いねぇ」を連発してましたよ。勿論褒め言葉で・・・コレクションを見たけどよだれと鼻水と涙がちょちょぎれるくらいのアルバムばかりでしたよ。ドルフィー、アイラー、チャーリー・パーカー、ローランド・カーク、マイルスやコルトレーンは勿論全部初版から持ってるんだもん。いい奴と友達になったもんだ。という訳ででそれ系の音楽好きにゃ「黒い」は褒め言葉というのは世界共通ということで(笑
まぁ、分からない人には分からない事なんだろうけどねぇ・・・・

岩木さん、別件後でメールします。
2009.03.20[Fri]  投稿者:nishi@M  編集  Top▲

No Subject

お久しぶりに写真を観にサイトへきました。

いろんな角度・いろんな意味を感じました。。

何かにこだわる写真というよりは、感じたままを撮っているのが素敵ですね。

土手を走っているんですけど、、昨日は夕日がとても綺麗で
その照らしに応えるかのような多摩川も綺麗でした。。

その中で ひとつに絞って撮影すれば綺麗な写真がとれるのかな・・・

↑「白と黒」確かに それを差別用語とみなす 今があるのもなんだかなーって思う。。

人が作りあげた単なる差別用語なだけで。。使う人のイメージは
尊敬の意味もあってのこともあるし・・・

言葉の使いかたは 難しいですね。。
2009.03.22[Sun]  投稿者:みちさん  編集  Top▲

No Subject

>マサヒロくん
そんな事件があったね。アルバート・アイラーがニューヨークのイーストリバーで死体になって上がったのもそのころだったね。「黒」を主張するということは命がけだったわけだ。

>nishiくん
聞いてみようという気がない奴にはいくら話しても無駄だが、なかにはそういう気がある奴もいる。黙すのが一番楽だけど、そうすると自説しかしゃべらない無内容な奴がまかり通ってしまう。それもしゃくだから少しづつ釘を打っとく必要があるんだなあ^^;

>みちさん
ふ~ん?みちさん、少し変わったみたい、に見える。またどうぞ。


2009.03.23[Mon]  投稿者:wak  編集  Top▲

No Subject

よくみれば!自転車のカタログ!

自転車カタログってなかなかないんですよねぇ。。(身近に)

もしよかったら カタログ実物みせてください!

こうみえても自転車好きなんです(笑)

今はラレーの自転車のってますが。。。このあたりの自転車やさんで
メンテをしっかり教えてくれるところってない!

いまは ベンツの自転車カタログ眺めてます
2009.03.26[Thu]  投稿者:みちさん  編集  Top▲

No Subject

黒い音楽は大好きです。ビルバンスを尊敬する、アーチーシェップとかと一緒にやってたピアノのジョンヒックスが私は大好きですが、エバンスは私には物足りなかったりします。単なる天邪鬼だったりしますが。でも白人でもスタンゲッツは好きだったりするんです。黒!の定義はいろいろありそうですが、あの後のりのリズムがないとなかなかサケがすすみませんデス。
2009.03.28[Sat]  投稿者:いのすけ  編集  Top▲

>いのすけさん

ビル・エバンスが少し物足りなくて、ジョン・ヒックスが好きで、それでもスタン・ゲッツはいい、というのは僕もいっしょですね(笑)。ルシンダ・ウイリアムスが、カントリーではあるんだけど、好きだというのと同じレベルで、「黒」という教条主義に決して陥っているわけではないというスタンスだよね。

>みちさん
僕が撮ってるカタログは、自転車(バイク)のカタログではなくて、バイクウエア、バイクギアのカタログですよ。それでよければいつでもお見せします。
2009.03.30[Mon]  投稿者:wak  編集  Top▲

No Subject

亀RESですが・・
実は私もジャズはかつてよく聞いていました。
好きなのはバドパウエルとエリックドルフィーでした。

2009.04.10[Fri]  投稿者:yamada  編集  Top▲

>yamadaさん

バドとドルフィですか?いいねえ。趣味近いね、山田さん。
2009.04.10[Fri]  投稿者:wak  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/731-2a04a7af
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

黒い音楽、白い音楽

僕らは、ある歌を聴いて、
「この歌手、黒いね」とか「白いな」
という言い方をしたりする。

僕ら、とは誰か?
60年代以降のモダンジャズーフリージャズの流れを知っている人々、もう少し絞れば、「ブラックミュージックとしてのjazz」という捉え方を受け入れてきた人々、より具体的に絞ってみると、相倉久人や平岡正明や植草甚一やや中村とうようや油井正一らの音楽評論をバイブルのように読んできたジャズファンかな?

なぜそういう言い方をするようになったのか?


それは、かつて、(スイングジャズとくくられていた時代)、

ジャズは、白人のための音楽であったという事実

があるのよね。白人がダンスホールで踊るために演奏されていた時代が、ビバップという「革命」を経るまで長く続いたわけです。

白人のためではなくて、自己表現としてのジャズ。

チャーリー・パーカーやバド・パウエルがやったのはそういうことです。ほとばしるようなアドリブとかブルースコードの自由な展開とか、そして何よりも、(スイングジャズの時代には抑圧されていた)もっとも白人が嫌う黒人的なエネルギーと独特なリズムを全面解放することをめざしたわけです。

ようするに、

「黒い」ことを主張した

わけです。そういう流れはその後、モダンジャズにも継承されてゆく。そのことによって、黒人特有の語法をもつ純粋にアメリカ的な音楽芸術モダンジャズが完成するわけです。それとともに、(音楽上においてジャズ以外にも大きな影響を及ぼした)「ブルース」の概念と意義がはっきりとしてきたわけです。

それは、パーカーやバドやマイルスらが、「黒い」音楽に意識的に取り組んだからこそ為し得たことですよ。

「黒い」ということを規定する時に、ブルースケールというものがあるんだけど、
要するに、ヨーロッパ音楽はドレミファソラシの7音を基礎にしているけれど、(アメリカの黒人が連行されてきた)西アフリカのそれは5音階しかない(日本古来の民謡もそう)。だから5音階しかしらないアメリカ黒人が7音階のヨーロッパ音楽を歌おうとすると、半音下の音EフラットとBフラットの音がでてしまうということなのだが、つまり通常の7音に付け加えられた二つの音、ーフラットされた3度と7度ーこれがブルーノートというやつだったというわけだ。(この辺の解説は、山下洋輔の「風雲ジャズ帳」によりました。僕の解説では全然およばないので、くわしく知りたい人はこの本をぜひ買ってよんでください。読み物としても傑作です)

 でもこのブルーノートだけで『黒さ」を理解するのは無理があるわけで、
自ら熱狂的なジャズファンにしてピアニストでもあるアンドレ・ジイドは、こういうことを言っている。

黒人音楽の独特の音のぼかしかたというのは、「はっきりとした音への嫌悪、はっきりした音を掻き乱しその輪郭をぼかそうという欲求」、、、と。

僕らが「黒いなあ」と言う時は、こういう事を頭の隅っこにおいて言っているわけです。



 僕がもっともジャズに傾倒していた頃ー高校から大学2年ぐらいまでのころの記憶をもとに再考してみたわけです。ぼくらのジャズ世代からすれば、とっくに語り尽くした話題ですけど、このあいだ呑み屋で、的外れのツッコミを受けたので、ちょっと整理してみたわけです。

 「音楽を黒いとか白いとか区別するのはおかしい」、
 「差別的だ」...というツッコミ。

後でいくら考え直してみたところで、的外れですよ、これは。
「差別的」どころか、黒人差別という現状を見据えたうえで「ブラックミュージック」としてジャズを捉え直そうという視点に僕らは立っていたわけです。そういう差別に立ち向かって「自己表現」として「解放」としてジャズを表現しようと苦闘しているミュージシャンたちを支えていこうという立場に僕は立っていて、そういうものとして語っているわけですから、それに対して言葉尻をとらえて「差別的だ」と言われてもねえ。返しようがない。

記述するにあたっては、相倉久人さんの1967年刊「現代ジャズの視点」を40年ぶりに本棚のすみから引っ張り出して読み直し、参考にさせていただきました。40年たっても色あせていないその内容にはおどろかされました。
ほかに本棚から出てきた本は以下。
「ジャズはかつてジャズであった」中野宏昭
「抗議としてのジャズ」フランシス・ニュートン
「ジャズは燃え尽きたか」清水俊彦
「ピアノ弾きよじれ旅」山下洋輔
「ジャズ宣言」平岡正明
「モダンジャズ群像」悠雅彦
「ぼくたちにはミンガスが必要なんだ」植草甚一 、等々。

以上は、1年以上前に、mixiで書いたことなんだけど、
mixiには入りたくないから、ブログの方に転載してほしいという人がいたので再度こちらにアップしました。
たしかに僕も最近はmixiは不要かなと思ったりする。

2009.03.18[Wed] Post 18:30  コメント:9  TB:0  音楽  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

マイルスがライブハウスを出た路上で白人の警官に警棒で殴られ頭から血を流し白いスーツが血で染っている写真を思い出しました。

2009.03.19[Thu]  投稿者:マサヒロ  編集  Top▲

No Subject

それ系の音楽やってる人に「黒いねぇ」は褒め言葉。
余りにもタイムリーだったので書き足しておきます。
先日、私の友人と飲んだ時の話なんだが、彼はマレーシア人で唯一カンヌに招待されている映画監督。14年NY在住の後帰国。アメリカは嫌いだが黒系音楽(いわゆるBlack Music)が大好きでレコードを14000枚、CDを3000枚くらい持ってるつわものなんだけど,同じように「黒いねぇ」を連発してましたよ。勿論褒め言葉で・・・コレクションを見たけどよだれと鼻水と涙がちょちょぎれるくらいのアルバムばかりでしたよ。ドルフィー、アイラー、チャーリー・パーカー、ローランド・カーク、マイルスやコルトレーンは勿論全部初版から持ってるんだもん。いい奴と友達になったもんだ。という訳ででそれ系の音楽好きにゃ「黒い」は褒め言葉というのは世界共通ということで(笑
まぁ、分からない人には分からない事なんだろうけどねぇ・・・・

岩木さん、別件後でメールします。
2009.03.20[Fri]  投稿者:nishi@M  編集  Top▲

No Subject

お久しぶりに写真を観にサイトへきました。

いろんな角度・いろんな意味を感じました。。

何かにこだわる写真というよりは、感じたままを撮っているのが素敵ですね。

土手を走っているんですけど、、昨日は夕日がとても綺麗で
その照らしに応えるかのような多摩川も綺麗でした。。

その中で ひとつに絞って撮影すれば綺麗な写真がとれるのかな・・・

↑「白と黒」確かに それを差別用語とみなす 今があるのもなんだかなーって思う。。

人が作りあげた単なる差別用語なだけで。。使う人のイメージは
尊敬の意味もあってのこともあるし・・・

言葉の使いかたは 難しいですね。。
2009.03.22[Sun]  投稿者:みちさん  編集  Top▲

No Subject

>マサヒロくん
そんな事件があったね。アルバート・アイラーがニューヨークのイーストリバーで死体になって上がったのもそのころだったね。「黒」を主張するということは命がけだったわけだ。

>nishiくん
聞いてみようという気がない奴にはいくら話しても無駄だが、なかにはそういう気がある奴もいる。黙すのが一番楽だけど、そうすると自説しかしゃべらない無内容な奴がまかり通ってしまう。それもしゃくだから少しづつ釘を打っとく必要があるんだなあ^^;

>みちさん
ふ~ん?みちさん、少し変わったみたい、に見える。またどうぞ。


2009.03.23[Mon]  投稿者:wak  編集  Top▲

No Subject

よくみれば!自転車のカタログ!

自転車カタログってなかなかないんですよねぇ。。(身近に)

もしよかったら カタログ実物みせてください!

こうみえても自転車好きなんです(笑)

今はラレーの自転車のってますが。。。このあたりの自転車やさんで
メンテをしっかり教えてくれるところってない!

いまは ベンツの自転車カタログ眺めてます
2009.03.26[Thu]  投稿者:みちさん  編集  Top▲

No Subject

黒い音楽は大好きです。ビルバンスを尊敬する、アーチーシェップとかと一緒にやってたピアノのジョンヒックスが私は大好きですが、エバンスは私には物足りなかったりします。単なる天邪鬼だったりしますが。でも白人でもスタンゲッツは好きだったりするんです。黒!の定義はいろいろありそうですが、あの後のりのリズムがないとなかなかサケがすすみませんデス。
2009.03.28[Sat]  投稿者:いのすけ  編集  Top▲

>いのすけさん

ビル・エバンスが少し物足りなくて、ジョン・ヒックスが好きで、それでもスタン・ゲッツはいい、というのは僕もいっしょですね(笑)。ルシンダ・ウイリアムスが、カントリーではあるんだけど、好きだというのと同じレベルで、「黒」という教条主義に決して陥っているわけではないというスタンスだよね。

>みちさん
僕が撮ってるカタログは、自転車(バイク)のカタログではなくて、バイクウエア、バイクギアのカタログですよ。それでよければいつでもお見せします。
2009.03.30[Mon]  投稿者:wak  編集  Top▲

No Subject

亀RESですが・・
実は私もジャズはかつてよく聞いていました。
好きなのはバドパウエルとエリックドルフィーでした。

2009.04.10[Fri]  投稿者:yamada  編集  Top▲

>yamadaさん

バドとドルフィですか?いいねえ。趣味近いね、山田さん。
2009.04.10[Fri]  投稿者:wak  編集  Top▲

TRACKBACK

黒い音楽、白い音楽 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/731-2a04a7af
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。