写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

>shinさん

shinさん、ども。
100日入山すれば、2.3回は危険な場面にも遭遇する。
ある意味でたかだか2.3%です。踏み込まなきゃ僕の撮りたいものが
撮れないならそれぐらいは覚悟する。そんなところです。
ゆったりとしたやさしい山もあります。むしろその方が多い。そういう状況でしか撮れない風景もある。山は二面性がある。両方撮らなきゃ片手落ちだとは思ってますけど。
2009.05.11[Mon]  投稿者:wak  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/745-6eea0369
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ドジなカメラマンは二度死ぬ?!

写真展「原生の鼓動」(キヤノンカレンダー作品展)は、明日から5月22日まで札幌キヤノンギャラリーで開催されます。全国巡回の最終展示ですのでぜひご来場ください。
シュカブラ

<幸運な滑落>

写真展に展示したこの写真のエピソードをひとつ。

この仕事(カレンダー)にはそぐわないかもしれない少し危険な話だったので、いままで避けてましたけど、
僕は札幌展の会場には行けないので、その罪滅ぼしの意味も含めて、最終展示に来てくださる方へのネット上作品解説という感じで書きます。

この日の北八甲田は、強風が吹き荒れていました。氷点下15℃前後だけれど、常時20m以上の風速があって、じっととどまっていればとても耐えられない体感温度でした。
 僕は、モンスター(樹氷)の陰にかくれて三脚を立てて風をしのぎ、撮影を続けていたのです(以前のブログでジッツオのカーボン三脚を折ったと言う話をしましたが、その時のことです)。
 突然、暴風としか言いようのない突風がモンスターを巻き込んできて、僕は立ててある三脚を押さえるのに必死になった。その時、ヘッドの鋳鉄部からボキッと折れた。その折れた一脚部分が風に飛ばされそうになったので僕は少し身を乗り出してそれをつかんだのです。その途端に暴風にさらされて僕の身体自体が吹っ飛んだ。信じられない勢いで緩やかな斜面を滑落した。足を谷に向けながら猛スピードで落ちてゆく。落ちてゆく先にコブがあって、「ヤバい、激突する!」と思って足を踏ん張った。その瞬間、僕の身は宙を舞ったのです。4mくらい上がったんじゃないだろうか?定かでないが。かなり硬めの斜面にドーンと落ちた。

 それで滑落が止まったのです!

 落ちた途端に息ができなくなって、死ぬかと思った。

 息を吐こうとしても出ないのです。

 1分近く、息を吐くにも吐けない状態が続いたような気がする。

 そうやって、このまま死ぬのかという不確かな意識がよぎった瞬間に、ふーっと息が抜けた。

 けっこうヤバかった。かなりラッキーだった。あのまま滑落を続けていたら、急斜面にかかっていた。
 息を切らせながら、手足が動くかどうか確かめた。大丈夫だと思ってまた一息ついた。
 寝転がった雪面をまだ強風が吹き付けていたけれど、そよ風のような爽快さだった。かな?^^;
モンスター

暴風が吹き荒ぶモンスター群像の中。地吹雪が舞って写真がみなモヤってしまう。

モンスター
2009.05.06[Wed] Post 12:19  コメント:1  TB:0  樹氷  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

>shinさん

shinさん、ども。
100日入山すれば、2.3回は危険な場面にも遭遇する。
ある意味でたかだか2.3%です。踏み込まなきゃ僕の撮りたいものが
撮れないならそれぐらいは覚悟する。そんなところです。
ゆったりとしたやさしい山もあります。むしろその方が多い。そういう状況でしか撮れない風景もある。山は二面性がある。両方撮らなきゃ片手落ちだとは思ってますけど。
2009.05.11[Mon]  投稿者:wak  編集  Top▲

TRACKBACK

ドジなカメラマンは二度死ぬ?! のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/745-6eea0369
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。