写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

天国へ続く道

生きている時 いいことをたくさんした人だけが 通ることができる 道です。
もちろん 私は 歩くことができる道です。(笑)
2009.07.30[Thu]  投稿者:  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/771-24ef7270
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

湿原の木道

湿原
2009.7.7

八甲田の「田」とは、高層湿原を意味する語であって、八甲田山には、それだけたくさんの湿原地帯がある。水の楽園と言ってもいい。
田代湿原、谷地湿原、毛無岱、黄瀬萢、高田萢、矢櫃萢などが代表的。黄瀬萢は、とりわけ日本最大級の湿原だ。

誰もいない早朝に、たったひとりで木道を歩けば、わずかな寂しさと例えようもない幸福感が湧いて来る。
2009.07.27[Mon] Post 16:03  コメント:1  TB:0    Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

天国へ続く道

生きている時 いいことをたくさんした人だけが 通ることができる 道です。
もちろん 私は 歩くことができる道です。(笑)
2009.07.30[Thu]  投稿者:  編集  Top▲

TRACKBACK

湿原の木道 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/771-24ef7270
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。