FC2ブログ

写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

全タイトルを表示

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/812-16c23adb
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

辺見庸の嘆きにシンクロ

紅葉
2009.10.22 南八甲田

 静かな山から街に下りて来ると、際立ってその喧噪さにいらついてしまう。比較しなければいいのだろうけれど、僕はそれほど悟っているわけじゃない。
 何が一番気に入らないのか?物理的な音量とかではない。それは山の方が多いだろう。

 そうではなく、軽々しい饒舌さなのだ。

 中身はないのにただ饒舌で能弁でやかましい。音だけではない。イケメンも、美文も、絶口調のお笑いも、ただうっとうしい。最近とくにうっとうしいのは、反論の組み立てだけは絶対に負けないという人間だ。中身では負けていると解っているくせに折れない人。ようするに中身はどうでもいいのだ。論争に負けさえしなければいいと思っている。これもアメリカンだなあ。だって、謝ったら自分が悪いと認めたことになるという考え方なんだもん。ぶつけたって絶対に謝らないというメジャーリーグと同じだね。

 だから最近は、訥々(とつとつ)としかしゃべれない人を見たりするとなんかほっとしたりする。
 
 それが、辺見庸さんが同じようなことを書いていた(東京新聞「水の透視画法」)。辺見庸さんは前から注目していたけれど、ガンに倒れてからよけいに共鳴するようになった気がする。僕も死期が近いのか(笑)。
紅葉


 今年の八甲田の紅葉は、絢爛とはほど遠いです。まばらで鮮やかさに欠ける。時期に遅れて入山してかえってよかったのかもしれない。こういう年は、晩秋の方が味が出る。
2009.11.05[Thu] Post 14:50  コメント:0  TB:0  紅葉/秋  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

辺見庸の嘆きにシンクロ のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/812-16c23adb
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。