写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.12.07[Mon]  投稿者:-  編集  Top▲

No Subject

確かに自転車をのってる人が増えている気がします。
車に比べるとやっぱりエコだからでしょうね。
2009.12.08[Tue]  投稿者:骨盤ダイエット 巻くだけ  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/825-399d8780
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

広告の仕事

先週は、自転車用ウエアのカタログの仕事にかかりっきりでした。3日間スタジオを借りてぶっ通し300カット。物撮りだけじゃなく、イメージカットあり、俯瞰撮影ありで、スタッフわずか5人でこなしたわけですからなかなかの難行でした。これはもう銀塩フィルム時代でしたらとても無理な撮影で、デジタルでリモートライブビューというシステムがなければこなせなかったと思います。キヤノンのEOS Utilityというシステムは他メーカーより進んでいると思う。カメラを選択する場合には(広告写真では特に)、こういうものも含めたトータルな評価をした方がいいということですね。
 ただし、EOS Utilityと EOS5D Mark IIの組み合わせは、ひとつバグと思われる不都合がある。リモート撮影中にライブビューのままシャッターを切るとストロボがシンクロしない。ライブビューを一旦しまうと通常発光する。この不都合は1D系では見られない。たぶんバグですね。

<訂正>
ライブビューの設定で、「静音モード」にしておくと汎用ストロボは発光しない、という仕様のようです。取説に書いてありますね。(小ちゃく!こういう仕様変更というべきものはもっと大きく赤字とか傍線入れるとかしてほしいですね)
 読者からおしえていただきました。どうもありがとう。

 広告業界の不振はどこもひどいもんですけど、この仕事だけは年々伸びているんですよね。自転車という素材がエコの時勢にシンクロしてきたんでしょう。こういう仕事にめぐりあえたのはありがたいことです。もちろんスタッフにも恵まれました。いくらていねいな仕事をしても評価してくれなければどうにもならないですから。みなさん、お疲れ様でした。
2009.12.07[Mon] Post 14:36  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.12.07[Mon]  投稿者:-  編集  Top▲

No Subject

確かに自転車をのってる人が増えている気がします。
車に比べるとやっぱりエコだからでしょうね。
2009.12.08[Tue]  投稿者:骨盤ダイエット 巻くだけ  編集  Top▲

TRACKBACK

広告の仕事 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/825-399d8780
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。