写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

キラキラした感じ、透き通る空気、ひたすら気分が良いです。簡単に観てみたいなんて言えませんが、晴れ上がる一瞬の感覚は、やはりそこにいるからこそなんでしょうね。
2010.01.29[Fri]  投稿者:ts  編集  Top▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.01.31[Sun]  投稿者:-  編集  Top▲

No Subject

> 不思議なことに街中ではそれにはわけが必要だ。

こういう文章があるから、このブログ読みたくなる。
写真も素晴らしいけどね。
2010.02.01[Mon]  投稿者:ty  編集  Top▲

No Subject

写真家は哲学者?思想家?詩人? tyさん 同じ考えの人がいるんですね
2010.02.01[Mon]  投稿者:七海  編集  Top▲

No Subject

七海さん
哲学者でも、思想家でも、詩人でもなく
この写真家は、単に「野性」なのだと思われます。
「頭」で、考えている人たちには、超えられないと思います。
2010.02.01[Mon]  投稿者:ty  編集  Top▲

>tsさん

>>晴れ上がる一瞬の感覚は、やはりそこにいるからこそなんでしょうね。

ですね。吹雪や嵐の後だから晴れ渡るんでしょう。山の天気だけじゃなくて、人の心も。
2010.02.02[Tue]  投稿者:wak  編集  Top▲

>tyさん

よく読んでくれてますね。ありがとう。
2010.02.02[Tue]  投稿者:wak  編集  Top▲

>七海さん

疲れきった時は、感覚領域だけが動いているんですよ、きっと。
2010.02.02[Tue]  投稿者:wak  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/841-e08995e3
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

吹雪上がる

雪華
2010年1月 八甲田  EOS5D Mark II  EF24mm-105mm f4 IS
一月の八甲田。川から上がって高山に向かった。そしたら抜けるように晴れ上がった。
滞在中たった一日だけだったけれど、吹雪の合間に素晴らしい好天になった。写真は吹雪でも撮るものがあるんだけど、やはり晴れると気持ちがいい。長く重い吹雪が一瞬にして晴れ上がる。生きている実感や素晴らしさというようなものをわけもなく感じることができるのだ。不思議なことに街中ではそれにはわけが必要だ。かけがえのない自然とは字義どおりだと思う。
2010.01.29[Fri] Post 17:24  コメント:8  TB:0  雪山  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

キラキラした感じ、透き通る空気、ひたすら気分が良いです。簡単に観てみたいなんて言えませんが、晴れ上がる一瞬の感覚は、やはりそこにいるからこそなんでしょうね。
2010.01.29[Fri]  投稿者:ts  編集  Top▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.01.31[Sun]  投稿者:-  編集  Top▲

No Subject

> 不思議なことに街中ではそれにはわけが必要だ。

こういう文章があるから、このブログ読みたくなる。
写真も素晴らしいけどね。
2010.02.01[Mon]  投稿者:ty  編集  Top▲

No Subject

写真家は哲学者?思想家?詩人? tyさん 同じ考えの人がいるんですね
2010.02.01[Mon]  投稿者:七海  編集  Top▲

No Subject

七海さん
哲学者でも、思想家でも、詩人でもなく
この写真家は、単に「野性」なのだと思われます。
「頭」で、考えている人たちには、超えられないと思います。
2010.02.01[Mon]  投稿者:ty  編集  Top▲

>tsさん

>>晴れ上がる一瞬の感覚は、やはりそこにいるからこそなんでしょうね。

ですね。吹雪や嵐の後だから晴れ渡るんでしょう。山の天気だけじゃなくて、人の心も。
2010.02.02[Tue]  投稿者:wak  編集  Top▲

>tyさん

よく読んでくれてますね。ありがとう。
2010.02.02[Tue]  投稿者:wak  編集  Top▲

>七海さん

疲れきった時は、感覚領域だけが動いているんですよ、きっと。
2010.02.02[Tue]  投稿者:wak  編集  Top▲

TRACKBACK

吹雪上がる のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/841-e08995e3
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。