写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/879-9c438d3f
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

峡谷の神様

T川の神様

僕は南八甲田の多くの川を歩いて来たけれど、一つの川には少なくとも一つの神様がいる。それに従うように小さな神々や鬼たちがそばにいたりする。
この断崖に宿るものは、T川の神様に見えた。発見したのは4年前だ。
(黄瀬川には、もっと強烈な断崖に宿るものがいて、それは神様というよりも鬼に見えた。)
この神様は、年々、貌を変えている。
学術的な話をすると、これは柱状節理と言って火山活動によってできたものだ。柱状節理は大概もろくて崩落しやすいから、行く度に貌を変えているのである。
この断崖は、高さ50m,幅100m以上におよぶ見事なものである。
崩落するから、この断崖は登ることも降りることも不可能だし、近づくのも危ない。
だからこそ、神か鬼のようなものなのだ。
崩落し、いずれ姿を変えてしまう。だから僕はこういうものだけを集めた写真展を今のうちにと考えている。(またまた資金が問題だけど、金があつまればどかんとでかいパネルでやりたい)

T川の神様


twitter、ためしにやり始めました。iwaki noboruで検索してください。
2010.05.10[Mon] Post 17:49  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

峡谷の神様 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/879-9c438d3f
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。