写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

名産のにんにく、ご馳走様でした。
半分は切らずに、スープにいれて頂き、
後の半分は、蜂蜜とお醤油ととんがらしに
つけてあります。
大粒でぽくぽくと美味しくいただきました。
有難うございました。
2010.12.06[Mon]  投稿者:con_leche  編集  Top▲

No Subject

con_lecheさん、どうも。
落款ありがとう。今度、作品売れたら使います^^;
2010.12.06[Mon]  投稿者:wak  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/990-235a8c63
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

南部地方の農地風景

にんにく畑
2010.11.27 十和田市郊外 大沢田 にんにく畑

 ニンニク生産量日本一の十和田市。長芋やごぼうの生産量も東北町とかこの近辺が日本一。ようするに南部地方は稲作だけでは冷害がこわいので畑作にも力を入れているということ。雑穀類も多い。ひっつみ(小麦粉を用いた汁物)とかそばとかせんべい汁とか雑穀文化でもある。弥生文化が完全に浸透しなかった地とも言えるだろう。言葉を返せば縄文文化が色濃く残った地だということかな?だから弥生文化の神様=天皇制ではない神社等も数多く残っている。今はだいぶ廃れたけれど戦前は牧畜が主流ですらあった。それでもまだ数多くの牧場がこの地方に残っている。馬の文化でもあって、「蒼前様」という南部地方独特の馬の神様(気比神社とか)とか馬と人が同じ屋根の下に暮らす南部曲がり家とか(岩手は曲がり屋だが青森は直屋が多い)がある。十和田市は戦前は町の中心部が広大な軍馬補充部であって、僕が卒業した、以前の三本木中学校は馬小屋校舎だった。廊下は200mを超える直線の日本一長い廊下だった。

 長芋もごぼうもにんにくもちょうど今が収穫期である。

ごぼう畑

農村

2010.11.30 3日後、雪が降った。朝焼けで雪が赤く染まっている。八甲田おろしを避ける防風林が各所にある。雪が積もっても収穫が続く。
手前がにんにく、中の茶色い地帯が長芋、奥がごぼう畑。


2010.12.03[Fri] Post 15:53  コメント:2  TB:0  十和田市  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

名産のにんにく、ご馳走様でした。
半分は切らずに、スープにいれて頂き、
後の半分は、蜂蜜とお醤油ととんがらしに
つけてあります。
大粒でぽくぽくと美味しくいただきました。
有難うございました。
2010.12.06[Mon]  投稿者:con_leche  編集  Top▲

No Subject

con_lecheさん、どうも。
落款ありがとう。今度、作品売れたら使います^^;
2010.12.06[Mon]  投稿者:wak  編集  Top▲

TRACKBACK

南部地方の農地風景 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/990-235a8c63
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。