写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

新聞コラム連載_2

デーリー東北紙に連載中「私見創見」_その1です。

私見創見2
2016.04.15[Fri] Post 14:47  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

デーリー東北コラム「私見創見」_3

2016年1月からデーリー東北紙で「私見創見」というコラム欄に月一回のペースで寄稿させていただいてます。
順次紹介します。最新号から。

私見創見・3
2016.04.15[Fri] Post 06:11  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

熊と遭遇

きのう、熊と遭遇。
惣辺川を歩いていた時です。
川に入って写真を撮っていたのです。この時期、誰も来ないようなところです。
一時間くらい撮影してそろそろ帰ろうと川から上がった時、すごいケモノの匂いがしたのです。
あっ、これは近くにいるなと思った。
かなり濃厚な匂いだからつい最近の匂いだ。僕はかれこれ20数回熊に出会ってるからある程度わかる。
これはかなり緊張した。
顔を見上げてあたりをずーっと見渡した。風もなく静かで何ひとつ動いていないように見えた。歩きながら、渓谷の上に止めた車の方に登りながら、周りを見渡していて、ふっと違和感のあるものを見つけた!
あっ!
居た!
熊の顔。身体が見えない。薮に隠れて、顔だけを出して。
なんて奴だ。賢い。(だから、若くはないだろう)
大きい顔だ。隠れて顔だけ出して覗いているのがわかった。眼と眼が合ったのだ。その間、一、二秒。
熊の行動は速かった。眼とが合った途端に動いて立ち去った。(この辺も賢いと思う)
ふーっ、やれやれ。僕も歩きだした。足元を見ると山ブドウの実が落ちていた。これか?!これを食べていたのか。そうか、それは邪魔をして悪かったなあ(^ ^)
そんな感じでした。身体全体は薮に隠れて見えなかったけれど、顔の大きさからすると結構大きかっただろうと思います。1.5m以上。
渓流からはかなり入ったところなので、降りては来ないだろうと思います。一応、気をつけて。

熊が居たあたりの風景。


_F5A4242.jpg

_F5A4276.jpg
2015.11.18[Wed] Post 09:28  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

白布の滝断崖

_F5A4498-Edit-3.jpg


_F5A4498-Edit.jpg

白布の滝断崖 / 奥入瀬2015.11.5
2015.11.17[Tue] Post 08:25  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

奥入瀬渓谷最高の断崖

_F5A4218-Edit.jpg

_F5A4219-Edit.jpg

奥入瀬渓谷最高の断崖(と僕は思ってる) 2015.11.3
「この崖の上へ行こう」
と2年前からニワッチと相談しているのだがなかなか二人とも時間が取れなくて、、、
2015.11.16[Mon] Post 08:22  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

濃霧立ち込める奥入瀬 

_F5A4411-Edit.jpg

_F5A4419.jpg

濃霧立ち込める奥入瀬 / 2015.11.4
2015.11.15[Sun] Post 13:54  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。